橿原神宮(アクセス・見どころ・概要・・・)

橿原神宮

橿原神宮

橿原神宮(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。橿原神宮で祀られている神武天皇は「古事記」・「日本書紀」で初代天皇とされています。神武天皇は45歳で日向を出発し、瀬戸内海を東進して大和一帯を平定し、紀元前660年(神武天皇元年)に大和畝傍橿原宮で即位し、127歳で没したと言われています。

【橿原神宮 アクセス・地図】
場所・・・奈良県橿原市久米町934
最寄り駅・バス停・・・橿原神宮前駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄南大阪線・近鉄橿原線・近鉄吉野線
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【橿原神宮 拝観時間・時間(要確認)】
日の出~日没(季節によって開門・閉門時間が変わります。)
9:00~16:00(宝物館)

【橿原神宮 拝観料金・料金(要確認)】
無料

宝物館
個人
大人300円、高校生以下200円

団体(20名以上)
大人270円、高校生以下180円

スポンサーリンク


【橿原神宮 歴史・簡単概要】
橿原神宮(かしはらじんぐう)は1890年(明治23年)第122代・明治天皇が初代天皇・神武天皇を祀る為、神武天皇の宮・畝傍橿原宮(うねびのかしはらのみや)があったとされる現在の場所に造営しました。「日本書紀」によると神武天皇(神倭伊波禮毘古命)は豊かで平和な国作りを目指し、九州高千穂の宮から東に向かい、畝傍山の東南の麓に橿原宮を造営し、初代天皇に即位したと言われています。ちなみに神武天皇は天照大神(あまてらすおおみかみ)の天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)から4代目になり、正式には神日本磐余彦火火出見天皇と言うそうです。1940年(昭和15年)第124代・昭和天皇が行幸しました。なお橿原神宮は初代天皇・神武天皇と皇后・媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)を祀っています。ちなみに媛蹈鞴五十鈴媛命は大物主命(おおものぬしのみこと)の娘とされています。
*参考・・・橿原神宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ橿原神宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【橿原神宮 見どころ・文化財】
橿原神宮の見どころは重要文化財である本殿です。本殿は橿原神宮が造営された際、1855年(安政2年)に造営された京都御所の賢所(内侍所)を賜って移したものです。ちなみ京都御所の神嘉殿を賜って移した神楽殿(御饌殿)は1993年(平成5年)の火災によって焼失しました。

重要文化財・・・本殿、文華殿

【橿原神宮 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0744-22-3271

【橿原神宮 おすすめ散策ルート】
橿原神宮からは久米寺(くめでら)や畝傍山(うねびやま)まで散策するのがおすすめです。ちなみに畝傍山は大和三山のひとつに数えられています。

【橿原神宮 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・橿原神宮アクセス
奈良初詣ランキング

関連記事

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養
    奈良で2019年8月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. なつの鹿寄せ

    奈良公園なつの鹿寄せ2019/7/14~9/22(日程・時間・・・)

    奈良公園なつの鹿寄せ(日程・時間等)を紹介。なつの鹿寄せは毎年7月中旬頃から9月中旬頃まで行われてい…
  2. 釆女祭

    春日大社釆女祭2019/9/13(日程・時間・・・)

    春日大社釆女祭(日程・時間等)を紹介。釆女祭は毎年中秋の名月の日に行われています。花扇奉納行列では秋…
  3. 十七夜盆踊り

    東大寺十七夜盆踊り2019/9/17(日程・時間・・・)

    東大寺十七夜盆踊り(日程・時間等)を紹介。十七夜盆踊りは毎年9月17日に行われています。十七夜盆踊り…
  4. 転害会

    手向山八幡宮転害会2019/10/5(日程・時間・・・)

    手向山八幡宮転害会(日程・時間等)を紹介。転害会は毎年10月5日に行われています。転害会では明治維新…
  5. 塔影能

    興福寺塔影能2019/10/5(日程・時間・・・)

    興福寺塔影能(日程・時間等)を紹介。塔影能は毎年10月の第1土曜日に行われています。塔影能では東金堂…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る