大蔵寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

大蔵寺

大蔵寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。大蔵寺ゆかりの聖徳太子は第31代・用明天皇の第2皇子として生まれ、幼少時から聡明で、仏法を尊んだと言われています。593年(崇峻天皇5年)に叔母で、史上初の女帝である第33代・推古天皇が即位すると皇太子・摂政になって補佐し、冠位十二階・十七条憲法を制定したり、遣隋使を派遣したり、聖徳太子建立七大寺を創建しました。

【大蔵寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県宇陀市大宇陀栗野
最寄り駅・バス停・・・大蔵寺前(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄大阪線榛原駅から奈良交通・大宇陀行きで大宇陀下車、宇陀市コミュニティバスに乗り換え
路線・時刻表・運賃チェック

【大蔵寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【大蔵寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
通常非公開

スポンサーリンク

【大蔵寺 歴史・簡単概要】
大蔵寺(おおくらじ)は起源が明確ではありません。大蔵寺は寺伝によると第31代・用明天皇(ようめいてんのう)の第2皇子・聖徳太子(しょうとくたいし・厩戸皇子(うまやどのみこ))が父・用明天皇の勅願(叡願)によって創建したとも言われています。その後平安時代初期に37歳の真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)が入山し、真言宗最初の道場に定めたとされています。816年(弘仁7年)に弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)から勅許によって和歌山・高野山(こうやさん)を賜って開山する前の道場だったことから大蔵寺は「元高野」とも言われています。弘法大師・空海は817年(弘仁8年)にいずれも十大弟子である泰範(たいはん)・実恵(じちえ)らの弟子を派遣して高野山の開創に着手し、818年(弘仁9年)11月に勅許後初めて自ら高野山に登りました。大蔵寺は平安時代前期に第52代・嵯峨天皇が行幸し、勅額「大蔵寺」を賜って勅願寺(ちょくがんじ)になったと言われています。鎌倉時代後期に本堂(重要文化財)・大師堂(重要文化財)が建立されました。その後中世に18ヶ寺の末寺を有し、桃山時代の1601年(慶長6年)に寺領550石を加えられたと言われています。近世にやや衰微したが、山内6坊を有していました。
*参考・・・大蔵寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

【大蔵寺 見どころ・文化財】
大蔵寺の見どころはいずれも重要文化財に指定されている本堂・大師堂です。本堂は桁行五間・梁間五間で、寄棟造(よせむねづくり)のこけら葺(こけらぶき)です。大師堂は桁行正面三間・桁行背面二間・梁間二間で、宝形造(ほうぎょうづくり)のこけら葺です。

【大蔵寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0745-82-2457(宇陀市観光サイト)

【大蔵寺 おすすめ散策ルート】
大蔵寺からは東側の伊勢本海道を散策するのがおすすめです。なお大蔵寺は市街地から離れ、周囲に観光スポットがないことから次の観光スポットに向かってその周辺を散策するのがおすすめです。

【大蔵寺 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場なし。

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る