法隆寺鬼追式2024/2/3(日程時間・・・)

法隆寺鬼追式

法隆寺鬼追式(追儺式・追儺会)(日程・・・)を紹介しています。鬼追式は例年節分(立春の前日)に行われています。鬼追式では西円堂(国宝)の基壇上で赤鬼・青鬼・黒鬼がそれぞれ所作を行って松明を投げ、その後毘沙門天が現れて鬼を追い払って鬼の魔性を降伏させます。赤鬼は貪欲、青鬼は怒り、黒鬼は愚痴を表しています。(詳細下記参照)

【法隆寺鬼追式2024 日程時間(要確認)】

法隆寺鬼追式2024は2024年(令和6年)2月3日(土曜日)18:30から行われます。(現在確認中・要注意)
*参考・・・法隆寺ホームページ
●奈良の寺院・神社では節分・豆まきなどの行事が行われています。
奈良節分・豆まき2024

【法隆寺鬼追式 アクセス・マップ】

場所・・・奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
最寄り駅・バス停・・・法隆寺駅(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR関西本線

*JR法隆寺駅からバス・法隆寺門前行きの場合、法隆寺門前
*JR王寺駅からバス・春日大社奈良行きの場合、法隆寺前
*近鉄奈良駅からバス・JR王寺駅行きまたはバス・法隆寺行きの場合、法隆寺前
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【法隆寺鬼追式 歴史・簡単概要】

法隆寺鬼追式(おにおいしき)・追儺式(ついなしき)・追儺会(ついなえ)は鎌倉時代中期の1261年(弘長元年)から行われていると言われています。鬼追式は例年節分(立春の前日)に行われています。
鬼追式(追儺式・追儺会)では西円堂(国宝)の基壇上で赤鬼・青鬼・黒鬼がそれぞれ所作を行って松明を投げ、その後毘沙門天(びしゃもんてん)が現れて鬼を追い払って鬼の魔性を降伏させます。ちなみに赤鬼は貪欲(どんよく)、青鬼は怒り(いかり)、黒鬼は愚痴(ぐち)を表し、貪欲・怒り・愚痴は人間の善根を毒する三毒とされています。なお鬼役は江戸時代後期の1798年(寛政9年)まで法隆寺の僧侶が行っていたが、その後丑寅の方角にあたる法起寺(ほうきじ)裏の住人が奉仕するようになったそうです。

  • 節分は元々季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
  • 追儺(追儺式)は平安時代初期から大晦日に宮中で行われている鬼払いの儀式です。追儺は鬼やらい・鬼遣らい・儺(な)やらい・鬼儺・大儺 (たいだ)・駆儺 (くだ) などとも言われています。追儺では黄金四つ目の面を付け、右手に矛、左手に楯を持った方相氏(ほうそうし)などが大内裏の中を「鬼やらう」と大声を掛けながら鬼を追い払って回りました。ただその後方相氏は追い払う側から追い払われる側に変わったそうです。なお追儺は第42代・文武天皇 (697年~707年)の時代に中国から伝わったとも言われています。
  • 毘沙門天は天部の仏神で、多聞天とも言われています。毘沙門天は北方守護の武神とされ、東方の持国天・南方の増長天・西方の広目天とともに四天王に数えられています。また毘沙門天は室町時代から恵比寿・大黒天・弁財天・寿老人・福禄寿・布袋とともに七福神に数えられ、招福と勝負の神とされています。
  • 鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。
  • 西円堂は1250年(建長2年)に再建されました。西円堂は峯の薬師と言われた本尊・薬師如来坐像(国宝)や十二神将立像(重要文化財)・千手観音立像(重要文化財)を安置しています。

●法隆寺の歴史(創建から現在)を紹介しています。
法隆寺歴史
●法隆寺の見どころ(金堂・夢殿など)を紹介しています。
法隆寺見どころ(西院伽藍)法隆寺見どころ(東院伽藍等)

【法隆寺 歴史・簡単概要】

法隆寺(ほうりゅうじ)・斑鳩寺(いかるがでら)は第31代・用明天皇が自らの病気平癒を祈願する為に発願したが、実現しないまま崩御し、607年(推古天皇15年)第33代・推古天皇と用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子)が用明天皇の遺志を継いで創建し、本尊・薬師如来を安置したのが起源と言われています。670年(天智9年)に焼失したが、その後再建され、693年(持統7年)には仁王会が行われたとも言われています。739年(天平11年)行信僧都が聖徳太子を偲び、斑鳩宮(いかるがのみや)の旧地に夢殿を建立した言われています。その後慶長年間に関白・豊臣秀吉の子・秀頼、江戸時代には江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉とその生母・桂昌院が伽藍の修造を行いました。なお法隆寺は1993年(平成5年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(法隆寺地域の仏教建造物)のひとつに登録されました。
法隆寺は聖徳宗の総本山です。
*参考・・・奈良世界遺産・法隆寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

【法隆寺鬼追式 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
奈良世界遺産・法隆寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク(Sponsor Link)

ピックアップ記事

  1. なら瑠璃絵(Nara Rurie)

    奈良2月のイベント・行事(節分豆まき・なら瑠璃絵・・・)

  2. お水取り(Omizutori)

    奈良3月のイベント・行事(お水取り・春日祭・・・)

スポンサーリンク(Sponsor Link)

ページ上部へ戻る