正暦寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

正暦寺

正暦寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。正暦寺がある菩提山(ぼだいさん)は紅葉の名所とされ、古来から「錦の里」とも言われているそうです。また正暦寺では菩提山を流れる清流の清水を使って、日本最初の清酒・菩提泉が醸造されたとも言われ、日本清酒発祥之地の碑が建てられているそうです。

【正暦寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市菩提山町157
最寄り駅・バス停・・・柳茶屋(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅からバス・米谷町行き
*紅葉シーズン(11月中旬~12月初旬)にはJR奈良駅・近鉄奈良駅から臨時バスが出る予定です。(要確認)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【正暦寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00(12/1~2/末日)
9:00~17:00(3/1~11/30)

【正暦寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
個人
大人500円、小学生200円

団体(20名以上)
大人400円、小学生150円

スポンサーリンク


【正暦寺 歴史・簡単概要】
正暦寺(しょうりゃくじ)は992年(正暦3年)関白・藤原兼家(ふじわらのかねいえ)の子・兼俊僧正(けんしゅんそうじょう)が第66代・一条天皇の勅命によって創建したと言われています。正暦寺は勅願寺になり、86院もの塔頭(たっちゅう)が渓流を挟んであったと言われています。しかし1180年(治承4年)の平重衡(たいらのしげひら)による南都焼討により、全山が焼失し、寺領も没収され、一時は廃墟になったとも言われています。その後1218年(建保6年)興福寺(こうふくじ)・大乗院(だいじょういん)門跡の住職で、関白・藤原忠通(ふじわらのただみち)の子・信円僧正(しんえんそうじょう)が法相宗の学問所として再興しました。正暦寺は大乗院門跡が兼帯し、興福寺の別院・正願院門跡になったとも言われています。また建暦年間(1211年~1218年)頃に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)の弟子・蓮光法師が草庵(安養院・別院の迎接院)を結んだと言われています。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))後に再興された82院の塔頭によって伽藍が整備されたが、1629年(寛永6年)に焼失しました。なお江戸中期以降に京都・仁和寺(にんなじ)の末寺になったが、1967年(昭和42年)には仁和寺から独立しました。
正暦寺は菩提山真言宗の本山です。
*参考・・・正暦寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ正暦寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【正暦寺 見どころ・文化財】
正暦寺の見どころは重要文化財である福寿院客殿・台所です。福寿院客殿・台所は1681年(延宝9年)に再建されました。福寿院は孔雀明王像を安置し、絵師・狩野永納が描いた襖絵があります。なお紅葉も見どころです。
奈良紅葉名所

重要文化財・・・福寿院客殿・台所、金銅薬師如来倚像、増壱阿含経力品、青磁鉢(南宋龍泉窯)

【正暦寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0742-62-9569

【正暦寺 おすすめ散策ルート】
正暦寺では紅葉シーズンに紅葉を見ながら正暦寺周辺を散策するのがおすすめです。

【正暦寺 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場あり。紅葉シーズン(11月中旬~12月初旬)は有料になります。(要確認)
*参考・・・正暦寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る