東大寺歴史の簡単まとめ-時代別年表と重要人物

東大寺

東大寺歴史の簡単まとめ-修学旅行・観光ガイド

東大寺歴史を簡単にまとめてポイント解説します。東大寺は728年(神亀5年)に聖武天皇と光明皇后が基皇子の菩提を追修する為、良弁ら9人の僧を住まわせた山房を起源とする金鍾寺が起源と言われています。なお東大寺歴史では時代別に歴史年表にまとめ、重要人物も紹介したりしています。

東大寺見どころ

【前史(金鐘寺)】

★東大寺が建立されている場所には金鐘寺(こんしゅじ)・福寿寺(ふくじゅじ)・天地院(てんちん・法蓮寺(ほっけじ))などの寺院が建立されていたとも言われています。金鐘寺は金鐘山房・金鍾寺・金鷲寺・金熟寺などと記されました。

【東大寺創建(起源・由来)】

★東大寺は728年(神亀5年)に第45代・聖武天皇(しょうむてんのう)と光明皇后(こうみょうこうごう)の間に生まれた皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提(ぼだい)を追修する為、金鍾寺が創建され、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧が住したのが起源とも言われています。基皇子は727年(神亀4年)10月5日に誕生するが、翌728年(神亀5年)9月13日に亡くなりました。

【奈良時代(710年頃~794年頃)の出来事】

★741年(天平13年)に国分寺(金光明寺)・国分尼寺(法華寺)建立の詔(みことのり)が発せられ、翌742年(天平14年)に金鍾寺が大和国分寺になり、名称を大和金光明寺(きんこうみょうじ)に改められました。
★743年(天平15年)に大仏造立の詔が発せられ、滋賀甲賀市信楽町・紫香楽宮(しがらきのみや)で大仏の造立が開始されました。
★745年(天平17年)に都が恭仁京(くにきょう)から平城京(へいじょうきょう)に戻され、東大寺で大仏の造立が開始されました。
★752年(天平勝宝4年)にインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)を導師として、大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が行われました。
★755年(天平勝宝7年)に戒壇院(かいだんいん)が建立されました。
★758年(天平宝字2年)に大仏殿が完成しました。大仏殿は大仏の造立が完了してから建立が開始されました。
★奈良時代には東大寺に大仏殿・講堂・中門・南大門・東西2基の七重塔などの伽藍が立ち並んでいたと言われています。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【平安時代(794年頃~1185年頃)の出来事】

★平安時代前期に第50代・桓武天皇(かんむてんのう)が造東大寺所を廃止しました。
★836年(承和3年)に真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)が東大寺に真言院を建立しました。
★855年(斉衡2年)に大仏の頭部が落下し、同年に真如法親王が修理しました。
★934年(承平4年)に西塔が落雷で焼失し、1000年(長保2年)の再建中に再び焼失しました。
★>962年(応和2年)に南大門が倒壊しました。
★1180年(治承4年)に平重衡(たいらのしげひら)による南都焼き討ちにより、大仏殿が焼失し、大仏は台座や下半身の一部を残して焼けました。東大寺では伽藍の大半が焼失しました。

【鎌倉時代(1185年頃~1333年頃)の出来事】

★1185年(文治元年)に大仏の開眼供養が行われました。1190年(建久元年)に大仏殿が上棟式し、1195年(建久6年)に落慶供養が行われました。大仏の再鋳造・大仏殿の再建などは大勧進職・俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(みなもとのよりとも)の協力を得て行いました。
★1199年(正治元年)に南大門が再建され、1203年(建仁3年)に仁王(におう)像が完成したと言われています。

【南北朝時代(1337年頃~1392年頃)の出来事】

★1362年(正平17年・康安2年)に東塔が落雷で焼失しました。

【室町時代(1336年頃~1573年頃)の出来事】

★1446年(文安3年)に戒壇院が焼失しました。

【戦国時代(1493年頃~1590年頃)の出来事】

★1508年(永正5年)に講堂が焼失しました。
★1567年(永禄10年)に松永・三好の合戦により、大仏殿が再び焼失し、大仏も再び焼けました。二月堂・法華堂・正倉院・鐘楼・西大門・転害門などを残し、東大寺の伽藍の多くを焼失しました。
★1568年(永禄11年)から絵師・山田道安(やまだどうあん)が大仏の修復を開始しました。

【安土桃山時代(1573年頃~1603年頃)の出来事】

★1583年(天正11年)に西大門が倒壊しました。

【江戸時代(1603年頃~1868年頃)の出来事】

★1606年(慶長11年)に中御門が焼失しました。
★1667年(寛文7年)に二月堂がお水取り中に失火で焼失し、1669年(寛文9年)に再建されました。
★1690年(元禄3年)に大仏の頭部が再鋳造され、1692年(元禄5年)に開眼供養が行われました。
★1709年(宝永6年)に大仏殿が落慶しました。大仏の再鋳造・大仏殿の再建は公慶上人(こうけいしょうにん)が江戸幕府の許可を得て行いました。

【明治時代以降(1868年頃~)の出来事】

★1883年(明治16年)に華厳宗として独立しました。
★1915年(大正4年)に大仏殿の修理が完了して落慶供養が行われました。
★1973年(昭和48年)に昭和の大修理が開始され、1980年(昭和55年)に完了しました。
★1998年(平成10年)に東大寺はユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)に登録されました。

【第45代・聖武天皇:東大寺開基】

東大寺開基は第45代・聖武天皇です。聖武天皇は701年(大宝元年)に第42代・文武天皇と藤原不比等(ふじわらのふひと)の娘・宮子の間に第1皇子として生まれ、724年(神亀元年)に天皇に即位し、その後皇族皇后の慣習を破って、藤原不比等の娘・安宿媛(あすかべひめ)を非皇族初の皇后にしました。聖武天皇は仏教に深く帰依し、国分寺・国分尼寺建立の詔や大仏造立の詔を発し、749年(天平勝宝元年)に娘・阿倍内親王(第46代・孝謙天皇)に譲位して出家し、756年(天平勝宝8年)5月2日に56歳で崩御しました。ちなみに聖武天皇は生前譲位した初の男性天皇とされています。

【お水取り:東大寺の仏事】
東大寺の仏事であるお水取り(修二会・お松明)は752年(天平勝宝4年)に実忠(じっちゅう)が始め、以来一度も途切れることなく続けられています。なおお水取りでは二月堂の本尊・大観音と小観音に罪を懺悔し、鎮護国家・天下泰安・万民豊楽・五穀豊穣などを祈願します。ちなみにお水取りは例年3月1日から14日まで行われます。
東大寺お水取り2024

【東大寺歴史の簡単まとめ 備考】
*参考・・・東大寺(歴史・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山(Mt. Wakakusa-yama)
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る