唐招提寺除夜の鐘2019/12/31(日程・・・)

唐招提寺除夜の鐘

唐招提寺除夜の鐘(日程・・・)を紹介しています。除夜の鐘は毎年12月31日に行われています。除夜の鐘では大晦日に人間が持つと言われる108の煩悩を清め、新たな気持ちで新年を迎えます。除夜の鐘は12月31日23:40から108枚の番号札を持つ参詣者によって撞かれます。番号札は23:00頃から先着順に南大門で配布されます。(要確認)(詳細下記参照)

【唐招提寺除夜の鐘2019 日程時間(要確認)】
唐招提寺除夜の鐘2019は2019年(令和元年)12月31日(火曜日)23:40から行われます。

【唐招提寺除夜の鐘 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市五条町13-46
最寄り駅・バス停・・・西ノ京駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄橿原線

スポンサーリンク

【唐招提寺除夜の鐘 歴史・簡単概要】
唐招提寺除夜の鐘(じょやのかね)では1年最後の大晦日に人間が持つと言われる108の煩悩を清め、新たな気持ちで新年を迎えます。除夜の鐘は12月31日23:40から108枚の番号札を持つ参詣者によって撞かれます。番号札は23:00頃から先着順に南大門で配布されます。ちなみに除夜の鐘を撞いた参詣者には千手観音の御守札が授与されるそうです。(要確認)
除夜の鐘は中国・宋から伝わった風習とも言われているが、日本独特の風習だそうです。除夜の鐘では大晦日に煩悩を除去し、清らかな心で新年を迎える為、梵鐘を108回撞きます。108は煩悩の数、一年間、また四苦八苦を表すとも言われています。なお一般的に108回の内、107回は大晦日(旧年)に撞き、最後の1回は1月1日(新年)に撞くことが多いそうです。なお煩悩は人の心身を悩まし・乱し・惑わし・汚したりするもので、智慧を妨げるものとも言われています。ちなみに煩悩は6種の根本煩悩・20種の随煩悩などに分類されるそうです。

【唐招提寺 歴史・簡単概要】
唐招提寺(とうしょうだいじ)は759年(天平宝字3年)唐の渡来僧・鑑真和上(がんじんわじょう)が第40代・天武天皇の第7皇子・新田部親王(にいたべしんのう)の宅跡を朝廷から下賜され、戒律を学ぶ修行道場として創建したのが起源です。唐招提寺の名称には唐から来日した鑑真和上の為の寺という意味があるそうです。ちなみに鑑真和上は東大寺で5年、唐招提寺で5年を過ごし、76歳で亡くなったそうです。当初唐招提寺は新田部親王の旧宅を改造した経蔵や宝蔵、そして講堂などだけだったが、その後8世紀後半に鑑真和上の弟子・如宝(にょほう)が金堂を完成させました。なお唐招提寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
唐招提寺は律宗の総本山です。
*参考・・・唐招提寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ唐招提寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【唐招提寺除夜の鐘 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
唐招提寺(アクセス・見どころ・・・)情報
唐招提寺見どころ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る