葛城山麓公園桜見ごろ(4月上旬~中旬頃)・桜名所

葛城山麓公園桜見ごろ

葛城山麓公園桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。葛城山麓公園には染井吉野(ソメイヨシノ)・二度咲き桜(ニドザキサクラ)・朝鮮桜(チョウセンサクラ)など約500本の桜の木が植えられ、桜と公園・葛城山との光景が美しいと言われています。葛城山麓公園には散策路が整備され、散策しながら桜を楽しむこともできます。(詳細下記参照)

【葛城山麓公園桜見ごろ(要確認)】
葛城山麓公園の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。なお桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
奈良桜見ごろ2019奈良桜ライトアップ2019奈良桜名所

【葛城山麓公園桜・葛城山麓公園 アクセス・地図】
場所・・・奈良県葛城市寺口1563
最寄り駅・バス停・・・忍海駅(徒歩約45分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄御所線
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【葛城山麓公園桜 歴史・簡単概要】
葛城山麓公園は桜の名所です。葛城山麓公園の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。葛城山麓公園には染井吉野(ソメイヨシノ)・二度咲き桜(ニドザキサクラ)・朝鮮桜(チョウセンサクラ)など約500本の桜の木が植えられ、桜と公園・葛城山との光景が美しいと言われています。葛城山麓公園には散策路が整備され、散策しながら桜を楽しむこともできます。ちなみに葛城山麓公園には桜以外にも約500株のレンギョウ(連翹)・約1,000株の江戸ツツジが植えられ、レンギョウが例年3月下旬頃から4月上旬頃、江戸ツツジが例年4月中旬頃から5月下旬頃に見ごろを迎え、桜と一緒に楽しめることもあります。なお葛城山麓公園からは大和三山(標高約152メートルの天香久山(あまのかぐやま)・標高約199メートルの畝傍山(うねびやま)・標高約140メートルの耳成山(みみなしやま)や奈良盆地を眺めることもできます。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。なお奈良では奈良地方気象台の移転により、現在奈良女子大付属中等教育学校の染井吉野が標準木とされ、5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。

【葛城山麓公園 歴史・簡単概要】
葛城山麓公園(かつらぎさんろくこうえん)は奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村の境にある標高約959.2メートルの葛城山(大和葛城山)山麓にある面積約12.1ヘクタールの緑地公園です。葛城山は飛鳥時代(592年~710年)に修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)が修行し、修験道(しゅげんどう)最古の霊場とも言われています。葛城山麓公園は古墳時代中後期(5世紀後半~7世紀前半)の前方後円墳と10メートル前後の小さな古墳が密集した寺口忍海古墳群(てらぐちおしみこふんぐん)の一角にあり、古くから祖先霊を祀っていたとも言われています。ちなみに葛城市には寺口千塚古墳・笛吹古墳群・山口千塚古墳群などの群集墳もあるそうです。葛城山麓公園には芝生広場・野外ステージ・ゲートボール場・吊り橋・あずま屋・子供広場・アスレチックなどの施設があり、桜・ツツジ・シャクナゲ・萩などが植えられています。子供広場では複合遊具・すべり台で遊んだり、散策路を歩いたりすることができるそうです。なお葛城山麓公園近くには1996年(平成8年)に野外炉や屋外調理施設も備え、野外バーベキューが楽しめる多目的広場がオープンしました。ただ利用できるのは在住・在勤者の方のみです。
*参考・・・葛城山麓公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)葛城山麓公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【葛城山麓公園桜 備考】
*お祭り・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
葛城山麓公園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る