談山神社

談山神社

談山神社(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。談山神社の名称は645年(大化元年)の大化の改新の際、藤原鎌足(中臣鎌足)と中大兄皇子(天智天皇)が多武峰(とうのみね)の山中で談合を行い、談い山(かたらいやま)・談所ヶ森(だんじょのもり)とも言われたことに由来しています。

【談山神社 アクセス・地図】
場所・・・奈良県桜井市多武峰319
最寄り駅・バス停・・・談山神社(徒歩約4分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR桜井駅・近鉄桜井駅から談山神社行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【談山神社 拝観時間・時間(要確認)】
8:30~17:00 受付16:30終了

【談山神社 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人600円、小学生300円

団体(20~49名)
大人550円、小学生250円

団体(50名以上)
大人500円、小学生250円

スポンサーリンク


【談山神社 歴史・簡単概要】
談山神社(たんざんじんじゃ)は寺伝によると678年(天武天皇7年)に藤原氏の祖・藤原鎌足(ふじわらのかまたり・中臣鎌足)の長男で、僧・定恵(じょうえ)が父・鎌足の墓を摂津安威(阿武山古墳・あぶやまこふん)から奈良大和に移し、十三重塔を建立したのが起源と言われています。その後680年(天武天皇9年)に講堂(現拝殿)が建立され、妙楽寺(みょうらくじ)と号し、701年(大宝元年)には十三重塔の東に鎌足像を安置する祠堂(現本殿)が建立され、聖霊院と号した言われています。平安時代に藤原氏の繁栄とともに発展しました。その後興福寺(こうふくじ)と度々抗争を繰り返したり、多武峰合戦の兵火が起こったりし、1585年(天正13年)に関白・豊臣秀吉によって郡山城下に移されました。1590年(天正18年)に帰山を許され、江戸幕府初代将軍・徳川家康によって復興されました。なお明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)により、僧侶は還俗し、妙楽寺から談山神社に改められました。なお談山神社は藤原鎌足を主祭神に祀っています。
*参考・・・談山神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ談山神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【談山神社 見どころ・文化財】
談山神社の見どころは重要文化財である十三重塔です。十三重塔は1532年(享禄5年)に再建されました。
奈良紅葉名所
奈良桜名所

国宝・・・粟原寺三重塔伏鉢
重要文化財・・・十三重塔、権殿、本殿、拝殿、東透廊、西透廊、楼門、東宝庫、西宝庫、摂社東殿、神廟拝所、閼伽井屋、末社惣杜本殿、末社惣社拝殿、末社比叡神社本殿、摩尼輪塔、絹本著色大威徳明王像、紺紙金銀泥法華経宝塔曼荼羅図など

【談山神社 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0744-49-0001

【談山神社 おすすめ散策ルート】
談山神社の境内社である恋神社(東殿)・惣杜・神明神社・杉山神社・山神神社・比叡神社・稲荷神社などを散策するのがおすすめです。

【談山神社 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・談山神社アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 聖武天皇祭
    奈良で2019年5月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 薪御能

    薪御能2019/5/17・18

    薪御能は奈良の春の風物詩です。薪御能は毎年5月の第3金曜日・土曜日に行われています。薪御能では午前中…
  2. 三枝祭

    率川神社三枝祭2019/6/16~18

    率川神社三枝祭・ゆりまつりは奈良の初夏の風物詩です。三枝祭は毎年6月17日に行われています。三枝祭で…
  3. 竹供養

    大安寺竹供養2019/6/23

    大安寺竹供養は奈良の初夏の風物詩です。竹供養は毎年6月23日に行われています。竹供養では本尊・十一面…
  4. 夏越大祓式

    春日大社夏越大祓式2019/6/30

    春日大社夏越大祓式は奈良の夏の風物詩です。夏越大祓式は毎年6月30日に行われています。夏越大祓式(な…
  5. 弁財天供

    興福寺弁財天供2019/7/7

    興福寺弁財天供は奈良の夏の風物詩です。弁財天供は毎年7月7日に行われています。弁財天供では弁財天を安…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る